多職種連携について

積極的に多職種連携をサポートします

在宅医療を受けている利用者様ひとり一人に最適な療養環境を提供するためには、様々な医療・介護関係の皆様からの支援、相互協力が欠かせません。利用者様が自宅で安定していても緊急入院や精密検査、手術などの侵襲的処置などは一定頻度で起こり得ます。ま た、早期退院や利用者様の受け入れなど、在宅医療の立場からサポートできるケースもあります。そういった事態に素早く対応するためには常日頃から医師、看護師をはじめ、施設関係者、ケアマネジャーなど多職種の方との連携が重要だと考えています。

  • 多職種連携のポイント①

    24時間365日の往診体制

    24時間365日の往診体制

    24時間365日医師・スタッフが当直し、利用者様の体調が急変した時、休日・夜間でも必ず連絡がつき、いつでも往診ができる体制を整えています。利用者様の様態に合わせた対応を迅速にとることで、さまざまなケースでも対応ができます。

  • 多職種連携のポイント②

    連携の潤滑油となるサポートスタッフと相談員

    連携の潤滑油となるサポートスタッフと相談員

    連携のために大切なのがコミュニケーションと情報共有。その要となるのがサポートスタッフと相談員です。サポートスタッフは主に高齢者施設や介護施設、相談員は主に個人宅を担当しており、それぞれが利用者、ご家族様をはじめ医師や看護師、ケアマネジャーなどとコミュニケーションを取って、それぞれの要望を聞き入れたり、伝達したりする役割を担っています。この仕組みによって利用者様側の不安や要望も伝わりやすくなり、多職種間の情報共有も迅速で密なものになり、連携がしやすくなります。

  • 多職種連携のポイント③

    「がん・難病」の利用者様への療養支援

    「がん・難病」の利用者様への療養支援

    がんをはじめ、ALS(筋萎縮性側索硬化症)などの神経難病を患う利用者様が自宅で療養生活が続けられるように、特別な機器や処置にも対応。病院から在宅へ移動される場合でも安心できるように万全を期した診療体制を整えています。その他の診療科目についても高い経験値と技術を持った医師をそろえ、チームで幅広い診療科目に対応できるようにしています。

  • 多職種連携のポイント④

    「看取り」も積極的に受け入れ

    「看取り」も積極的に受け入れ

    「看取り」は在宅医療に取って重要な結果のひとつです。平郁会では終末期の利用者様も積極的に受け入れる体制を整えています。そのためには診療をする医師にも、在宅医療ならではの経験や知識のほか、精神面のケアも求められます。平郁会に属する医師は、経験や知識を共有し合い、技術を高めています。利用者様の住みなれた環境で、自分らしく生活しながら療養したいお気持ちをチームを組んで支援致します。