スタッフの想い

Interview

サポートスタッフD・U

日々の療養を支えるために
医師をサポートし
多職種連携を実現

私は、サポートスタッフとして医師と共に個人宅や高齢者向け施設などに行き、訪問診察のサポート業務を行っています。医師が働きやすい環境を作ることが業務の中心になっていて、その内容は多岐に渡ります。電子カルテの入力補助や、医師を診療先まで送るドライバー業務、医師が作成する資料の下地作り、その後の書類処理、医療スタッフとの連携やスケジュール管理など医療行為以外の業務が主なものになります。また、多職種の方とコミュニケーションを取りながら、連携体制をつくることも重要な業務のひとつです。高齢者施設の施設長や看護師さんをはじめ相談員やケアマネジャーなど、さまざまな職種の方と日常的にコミュニケーションをとり、医師との橋渡しをすることで、より最適な医療ができるよう調整しています。

スタッフ

在宅医療におけるオールラウンダーな存在で利用者さんとの信頼関係を築く

私も含めたサポートスタッフは、利用者さんの療養生活を支えるために、各職種の業務だけでなく担当者の考え方も含めて理解できるように努めています。さまざまな職種の業務内容とその思いを把握することで、在宅医療の連携がしやすくなり、利用者さんのより良い療養生活につながると考えているからです。私が日々の診療同行で思うことは、バランス感覚を保ったコミュニケーションが、多職種連携には欠かせないということです。サポートスタッフの存在は、医師も含めた在宅医療のプレイヤーの中で、利用者さんを皆で支えるための潤滑油でありたいと思っています。在宅医療の「影のオールラウンドプレイヤー」として、貴重な存在になれるように、日々勉強をしています。

スタッフ