「在宅医療」ってどんな医療?

患者様の生活の質を高めるこれからの医療のかたち

「在宅医療」とは通院が難しい方のいる自宅や施設などへ、医師や看護師といった医療スタッフが定期的・計画的に訪問し、医療を提供するサービスです。高齢化社会に伴い、今後ますます医療のニーズ、とりわけ「在宅医療」の必要性は高まっていくことが予測されています。そういった現状を踏まえて、平郁会の「在宅医療」は医師や看護師だけでなく、ケアマネジャーや相談員などさまざまなサポートスタッフの相互連携によって行われ、24時間365日、いつでも対応ができるように体制を整えています。患者様の病状によっては専門医とも連携し、重症疾患にも対応。「自宅で家族と療養生活を送りたい」といった患者様やご家族の皆さまの想いに応え、QOL(quality of life=生活の質)を高めるべくサポートしていきます。

これからの医療のかたち

どんなケースが在宅医療に向いている?

  • case1リハビリ中で…

    リハビリのために定期的に通院しているが、身体への負担が大きい

    リハビリ中で…

  • case2酸素ボンベが…

    在宅酸素療法をしているが、通院のたびにボンベを持ち歩くのが大変

    酸素ボンベが…

  • case3重い病気で…

    病状が重く入院中だが、できれば家族がいる自宅で療養生活を送りたい

    重い病気で…

  • case4仕事が忙しくて…

    仕事に追われ、通院や介護が必要な家族を病院へ連れて行くのが難しい

    仕事が忙しくて…

  • case5家族が認知症で…

    認知症の家族がおり、毎回、病院へ連れて行くのが大変

    家族が認知症で…

  • case6夫婦ふたりきりで…

    夫婦ふたりきりの生活に加え、お互い身体が不自由なので通院が難しい

    夫婦ふたりきりで…