線私たちが大切にしていること OUR THINK

患者様やご家族の生活を支援する在宅医療は、医師だけではなくさまざまな人がサポートすることで成り立ちます。
患者様やご家族と向き合う私たちが大事にしている3つのことをご紹介します。

01患者様・ご家族の意思を尊重すること

安心・快適な療養生活を支える
在宅医療の原点
私たちは、患者様・ご家族の想いを何よりも優先します。おひとりおひとり異なるニーズや状況を理解し、その人らしい人生を過ごすために患者様の生活を支えます。

在宅医療

02働きやすい在宅医療の
環境を整えること

患者様と純粋に向き合える在宅医療の環境私たちは、常に最善を尽くした在宅医療を提供するために、患者様の視点に立脚した新しい医療モデルを生み出します。

サポートスタッフによる適切な分業体制を実施サポートスタッフは、医師が患者様と真摯に向き合う環境を作ります。医師と同行しながら、物品の準備から患者様宅までの運転、診療中のカルテ入力補助まで多岐に渡るサポートを行います。患者様と医師のコミュニケーションを重視し、医業に集中できる体制を作りました。

サポートスタッフによる適切な分業体制を実施

夜間・休日の当直オンコールなし体制を採用患者様の急変時に備えた24時間365日の体制をさらに進化させて、夜間・休日の非常勤医による往診体制を採用しています。医師の生活が充実することで、患者様の思いを汲み取り真摯に向き合うことができます。患者様の生活を支える重要な体制のひとつです。

夜間・休日の当直オンコールなし体制を採用大田 和枝理事長インタビュー

03チームで質の高い医療を提供すること

患者様の生活を支えるチームを育て地域に広げる私たちは、どんな患者様であってもチームで支える体制を整えています。さらに、地域医療に貢献できる人材を輩出し強固な連携をとります。

がん・難病診療のための医師教育プログラムがん末期や神経難病など重症度の高い患者様も、在宅での療養ができる体制を持っています。たとえ、専門外であっても、実践的な教育プログラムにより重症疾患の患者様を支えるノウハウを学び、チームの一員として患者様の想いを実現させます。

がん・難病診療のための医師教育プログラム

地域の医療・介護との連携と
医師の開業ステップにも
多職種と医師、そして患者様やご家族との連携の潤滑油となるのが相談員です。地域の良好な連携は、質の高いチーム医療を生み出し、在宅医療の根本を支えます。地域との信頼関係を基に開業のステップを踏むことも視野に入れることで、さらに地域の在宅医療が成熟します。

地域の医療・介護との連携